人にあげたら増えるもの、なーんだ?

笑い文字のこと

って、いきなりクイズかいな。

でもね、「私が笑い文字にハマった理由」はココでした。

 

どなたでも書けるコミュニケーションツール

「笑い文字」を教える 初級トレーナー

美人になっちゃう笑いヨガクラブもとす主宰

深尾久美子です。

 

こないだね、「shiawase2020シンポジウム」

っていうイベントがあったんですよ。

武蔵野大学でするはずだったけど、急遽オンライン開催になったから

私も岐阜の自宅から参加できました。

その中で行われたワークショップのひとつが、こちら。

「好意の授受」のお話、

笑い文字を書いて渡す人なら、身をもって体験しているの。

まさか後で配信されるとは知らず、

部屋着だわスッピンだわヘナ染めまでしてるわ、

油断しまくりのワタクシが写っておりますが(笑)

 

私が笑い文字を書いて変わったことって、

ひとことで言ったら

「人にあげられるものができた」ということ。

いつでもどこでも、誰にでもあげられるものがある。

 

渡すのは、笑顔で、感謝で、喜び。

だから飴玉をあげるみたいに

一個あげたら私のものが一個減るのではなくて、

あげたら、それ以上に返ってくる。

一個あげたら、周りの人たちみんなで受け取ることができる。

まるで、聖書にある

「5つのパンと2匹の魚を5000人に分けた話」みたいだなあと。

この話の解釈はいろいろあるみたいだけど、

最初の種は、名前すら出てこないモブ少年のわずかな食糧。

それで5000人を満たすことができる。

その最初のモブに、誰でもがなれるって、

ちょっと……いや、かなり素敵だなあと思うのです。

 

 

キラキラ一生続けられる大人の部活ラブ

資格取得してお仕事にもキラキラ

笑い文字 ちょこっと書いてみたい入門から

ちょこっと副収入の初級講師養成までやってます

 

下矢印講座一覧下矢印

深尾久美子 - リザスト
笑い文字|資格取得|筆文字|岐阜|生きがい 一般社団法人 笑い文字普及協会 笑い文字 初級トレーナー 深尾久美子

コメント

タイトルとURLをコピーしました